【副業の経費】ブログの広告収入が20万以下なら確定申告は不要

ブログ運営

こんにちわ。シモン(@simgorira)です。

ブログ収入が少しずつ増えてきたらぶち当たる疑問について、記事を残しておきます。

スポンサーリンク

副業ブログの広告収入は雑所得

所得の種類には「利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得」の10種類があります。

サラリーマンの収入はこのうちの給与所得に該当します。副業の広告収入は雑所得が該当します。

副業ブログの広告収入で儲けた場合の確定申告は?

シモン
シモン

副業ブログで儲けが増えてきた時に、ぶち当たる疑問ですね。

お勤めの会社における給与所得で年末調整を行い、ブログの広告収入から必要経費を差し引いた金額が20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。

例えばブログからの広告収入が月2万あると、年24万になります。この場合確定申告をする必要があります。

ただ、そこから必要経費を差し引いて20万円以下になれば確定申告の必要はありません。

ちなみに、ネットオークションやフリマで得た収入も雑所得です。

こちらも同様に、必要経費を差し引いても20万円を超えていると、確定申告が必要になります。

ブログ運営での必要経費とは?

サラリーマンでお勤めであれば、経費については日常的に触れていると思います。

ブログ運営における必要経費とは、雑所得を得るためにかかった費用になります。

例えば、

  • レンタルサーバー代
  • インターネット利用料金
  • ドメイン取得代
  • パソコン代
  • ブログ運営に関する交通費
  • ブログ運営に関する消耗品費
  • ブログ運営に関する書籍等の費用

などを含めることができます。

注意点としては、パソコンは10万以下だと一括で消耗品費10万以上だと減価償却費という価格によって勘定項目が変わってきますので、計算の仕方も変わってきます。

また、このパソコンをプライベートでも利用していた場合

プライベートで使った率:雑所得獲得の為に使った率

を計算し、雑所得獲得の為に使った率の分でしか経費としては認められません。

9万円のパソコンを、プライベートで4割:ブログ運営で6割使っていたとすると、

5万4千円が消耗品費として計上できます。

15万のパソコンを、プライベートで4割:ブログ運営で6割使っていたとすると、
10万円を超える消耗品なので減価償却しますが、一括償却資産のルールというも鑑みて、3年に分けて減価償却していきます。

ですので計算上は、15万×0.6=9万 ÷ 3年 = 3万円

が1年分の費用となります。

これは交通費や消耗品等、インターネット利用料金も同様です。プライベートでも使っているものは計算に注意しておきましょう。

特定支出控除はサラリーマンにはほぼ不要

特定支出控除ってしってますか? 私は知りませんでした。サラリーマンが使う経費精算のような仕組みです。以下の計算式で導きだせます。

収入給与所得控除額
65万円未満一律で65万円
65万円以上180万円以下収入×40%
180万円を超え360万円以下収入×30%+18万円
360万円を超え660万円以下収入×20%+54万円
660万円を超え1,000万円以下収入×10%+120万円
1,000万円を超え1,500万円以下一律で220万円
1,000万円を超える場合一律で220万円

特定支出が上記の計算方法で算出した給与所得控除額の1/2を超える場合に、超えた金額に関して特定支出控除を受けることが可能となっています。

例えば、年収300万円で特定支出が年間30万のサラリーマンの場合だと、

(300万×30%+18万円)➗2=年間54万円(所得控除額)を超えた分の出費に対してということになります。

特定支出が30万なので、54万を超えていません。ですから控除申告はできません。

みていただいた通り、かなりハードル自体が高い仕組です。

もろもろ含めて既に54万の控除しているわけで、副業サラリーマンごときが利用することはほぼ皆無に等しいと思います。

20万を超えて確定申告をする場合

ブログ運営が軌道にのって、20万以上の利益をだした場合、確定申告をしなければなりません。

最近は全てスマホで申告可能なアプリがでています。

100万ユーザーがいるクラウド会計ソフトシェアNo.1 freee(フリー) が超簡単でオススメです。

終わりに

  1. 副業ブログで稼いだお金が20万を超えない限り、確定申告は必要ない!
  2. 20万を超えた場合は、freee(フリー) で簡単申告!

ですです。

以上、ワーワー言うとります。

お時間です。

さようなら。

コメント