【リーマン節約術】現代サラリーマンがまずやるべきは、昇進への取り組みよりも支出の見直し

節約の知恵

こんにちわ。シモン(@simgorira)です。

当ブログは、

  • 家族を養っているのでFXのような大きなリスクは背負えない!!
  • 企業を経営なんて私には無理・・・
  • 脱サラなんてもってのほか!

そんな私のようなごく普通のサラリーマンが、

  • 【サラリーマンを継続しながら安価に小遣いを稼ぐ】
  • 【昇進までの繋ぎとして】
  • 【将来配偶者が働かないで済む】

などの目的を持って生活できるように、今時のサラリーマンが行うべき節約や自分が実際に行ってよかった事など微力ながら情報発信をしています。

スポンサーリンク

現代サラリーマンがまずやった方がいいのは支出の見直し

いつの世もサラリーマンというのは、自分の勤める会社からサラリーを貰って生活している訳ですが、今と昔とで大きな違いがあります。

それは、

  1. 支出面が増えた事
  2. 収入面がなかなか増えない事

です。

昔のサラリーマンには、携帯料金の負担はありませんでした。

今、携帯は必須です。家族がいればその人数分必要になってきます。

また、こちらのサイトによりますと、この2003年から2017年の14年の間に、社会保険料が22.67%から29.95%に増加しています。

給与額面の約15%(29.95%の半分)が社会保険料として徴収されている計算になります。

個人から搾り取りすぎなんじゃぁ、、、ないですか・・・

今を生きるサラリーマンは、昔に比べるとどう考えても支出が増えています。

かといってなかなか給与は増えません

もし給与を2万あげようと思ったら、具体的に何をしますか?

昇進・給与の増加というのは、タイミングや運も関わってくるので、なかなか思うように上がりません。

ですから、私と同じような一般的なサラリーマンは、まずできるところから支出の見直をすべきなのです。

ねこ
ねこ

給与上げるよりも出費を抑える方が絶対簡単ニャ

一般家庭の給与と携帯利用料金について

国税庁のページによると、

平成9年度時点のデータでは、

1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は467万円であり、前年に比べて1.4%の伸びとなっている。

これを男女別にみると、男子577万円、女子279万円で、前年に比べて、それぞれ1.5%、1.1%の伸びとなっている。

とあります。

最新の平成29年度のデータによると、

1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は 432 万円(対前年比 2.5% 増)であり、これを男女別にみると、男性 532 万円(同 2.0%増)、女性 287 万円(同 2.6% 増)となっている。

この20年で、平均給与は35万下がっている

ことが分かります。。

私のようなごく普通のサラリーマン世帯は、普段どのような消費をしているのでしょうか。

食費代、電気代、水道代、ガス代は生きていく上で必要なものです。季節や地域によって費用は若干変わりますが、基本的に固定でかかります。

またこれ以外にも、人によっては家賃や車のローンなど高額な固定費も必要になります。

それに比べて、携帯電話は生きていく上で必須ではありません。

ですが、今の時代携帯を持っていない人はいないでしょう。ほぼ必須です。

昔は家に固定電話があるのが普通で、こちらの費用がかかっていました。

単純に我々の世代は給料水準が昔よりも低い上に、更に携帯代金まで上乗せで払わないといけません。もし配偶者がいた場合、倍の費用がかかってしまいます。

例えば一般的なキャリアである、docomo、Softbank、auと契約をした場合、一台当たり8,000円/月くらいの費用がかかります。配偶者がいると、16,000円ですよ。しかも毎月!!

年間なんと、

 16,000 × 12 = 192,000円!!! 

もの費用がかかります。

・・・いやほんと、皆よくこんなに携帯電話にお金がかけられるなぁと関心します。

全てのサラリーマンが役職者になり、給与がどんどん上がればいいですが、部長になれるのは一握り、課長ですら全員がすぐなれるわけではありませんよね。

日本の中小企業であれば、重要ポストは年配の方で抑えられていて上が詰まっている状態になってることも良くあることと思います。

収入はなかなか上がらない。まず支出を減らすべき

給与をあげようと!と意気込んでもそうそうすぐには上がっていきません。

それよりも支出を抑えることことで、結果的に給料が上がったことのように生活に余裕が出来ます。

固定費を減らすとなった場合、

  • 一番簡単
  • すぐ効果がある
  • ほぼ普段の生活に支障がない

ものから行うのがベターです。

いろいろなものがあると思いますが、何はともあれ1番簡単で効果バツグンな

携帯料金を見直しすること

から始めることを私は強くお勧めします。

具体的な携帯料金の見直しについては、別の記事でご紹介します。

今回はここまで。

ワーワー言うとります。

お時間です。

さようなら。

コメント