【リーマン節約術】楽天デビットカード&楽天Payがお勧めな理由

節約の知恵

こんにちわ。シモン(@simgorira)です。

楽天Pay、LINEPay、PayPay、メルPayなど、世は正にQRコード決済戦国時代。

私のオススメする楽天Payについてお伝えします。

ポイントガッツリゲットで、節約節約やで〜

スポンサーリンク

散財サラリーマンにはデビットカードがオススメ

以前記事を書いたことがあるのですが、持っているとついつい使ってしまうという方には、クレジットカードよりもデビットカードをオススメしています。

デビットカードは、銀行にあるお金しか使いません。口座残高以上にお金を使うことができないので、今どきで身の丈にあったカードと言えます。

自分が持っている以上のお金を使ってしまう、クレジットリボルディングなどの機能は、現代サラリーマンには不必要なアイテムです。

コンビニや銀行にいってお金を下ろすと手数料が引かれますよね。

デビットカードでの支払いであれば、現金をおろしにいく手間もなく手数料も引かれずといった忙しい現代サラリーマンの為の最適なカードになっています。

そしてデビットカードを使うなら、数あるカードの中でも楽天デビットカードがお勧めです。

楽天デビットカードをお勧めする理由

楽天デビットカードは、100円支払いにつき1%のポイントが獲得できます。

通常こういったポイント制度は、作った業者(今回で言えば楽天市場)を利用する方が得する仕組みになっていますが、溜まった楽天ポイントはファミマ・ローソンといったコンビニエンスストアでも利用可能です。

日本は、QRコードの支払いが遅れている為、これから益々ポイント利用ができるお店が増えていくと思います。サラリーマンであれば、普段なんだかんだでコンビニに行くことは多いと思いますので、その支払に楽天Payを使うのです。

楽天デビットカード+楽天Payが絶対お得

楽天Payで支払いをした場合、200円につき1ポイントがもらえます。

そして、その該当カードが楽天のカードだった場合、更に2ポイントが加算されます。

合計3ポイントがもらえます。

前述の通り、楽天デビットカードは利用に対して1%のポイントが付きます。

なので、例えばコンビニで800円支払った場合、

Pay支払い分の12ポイント+1%分の8ポイントの合計、20ポイントが獲得できます。

そして、なんと楽天Pay初回利用者には、もれなく1,000ポイントがもらえます!

これは大きい!!

楽天デビットカードは5種類

種類が5つほどあります。有料のゴールドデビットカード・シルバーデビットと、無料のベーシックデビットカード・デビットカード・パンダデビットカードとなっています。

選択するのは、楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)です。

楽天PayはJCBが使えないので注意!

これは私が実際に経験した失敗なのですが、デビットカードのブランドをJCBにすると、楽天Payが使えません。

もし私と同じように早まってJCBにしてしまった方は、楽天Payアプリをインストールしても上記のメッセージがでて使えません。

楽天銀行の公式サイトから楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)に変更登録をかけましょう。カードが入れ替われば、晴れて楽天Payアプリが利用できるようになります。

楽天はサービスを複合的に使うことで多くのポイントを取得できる

今回のように、楽天デビットカード+楽天Payだけにとどまらず、自分が使うサービスをできるだけ楽天のモノにまとめれば、色々とポイントがもらえます。

楽天モバイルや、楽天でんきなども違う記事に書きました。

ポイントを貯めることが、結果的に節約につながって行きますので、【なんでも楽天まとめ】がお勧めです。

今回はここまで。

以上、ワーワー言うとります。

お時間です。

さようなら。

コメント